スタッフブログ

引き算のメリット

チーフアドバイザー 宮里 將博 自己紹介へ

こんにちは。

チーフアドバイザーの宮里です。

今日のテーマは「引き算がもたらすメリット」についてです。

 

デザイン専門の学校を出たわけでもないし、

デザインについてあれこれ語れるほどの

知識があるわけでもないのですが仮にデザインが、

「足していくデザイン」と「引いていくデザイン」に

二分されるとしたら99.9999%後者をオススメします。

 

引いていくことによって、

コスト面にメリットが生まれるし、

より機能的な住まいになるし、

よりスマートで美しい仕上がりになるからです。

 

さて。

今回は引き算がもたらすメリットについて

お伝えしていきたいと思います。

  

引き算による大きな効果

 

 

 

右の写真と左の写真では使うドアのサイズが違うのと、

ドアの枠があるかないかという違いがあるのですが、

見た感じの印象が全然違うと思いませんか?

 

天井とドアの高さを合わせた方は、

天井とドアの間に余分な壁がない分、

視線が上に向くため、

そうじゃない方より空間が広く見えるし、

実際、光の拡散効果も高くなります。

 

また、写真では分かりにくいですが、

ドアの枠がない分、余分な凸凹がなくなり、

直線的でスッキリした空間になります。

ドア枠がなければドア枠にホコリもたまらないですしね。

 

そして、ドアと同じように、

窓から窓枠をなくすようにすれば、

同じような視覚効果が得られるし、

同時に、ホコリが溜まる場所を減らすことも出来ます。

 

このように引いていくことで、

コストをカットしながら、

美しさを高めることが出来るというわけですね。

 

引いていくことは機能性も高める

 

さらに、引いていくことは、

デザイン性だけじゃなく、

同時に機能性も高めてくれます。

 

例えば、階段をなくし平屋にすれば、

必然的に耐震性が高くなるし、

風の抵抗や車両の振動による揺れ、

そして地震の揺れから家を守ることが出来るため、

自ずと耐久性も高くなります。

 

また、平屋にしつつ家の面積を小さく出来れば、

冷暖房効率も高い家になります。

ワンフロアなので満遍なく空気が循環しやすいからです。

かつ、空気を遮断する廊下をなくせば、

なおのことコストをカットしながら、

冷暖房効率を高めてくれますしね。

 

そして、居心地を良くするためには、

外からの視線が気にならない、

プライバシーが担保された

住まいにしなければいけないのですが、

そうするためには部屋のレイアウトや窓のつくり方を

周辺環境を配慮しながら考えないといけません。

 

しかし、それが出来れば、

プライバシー性だけじゃなく同時に防犯性も高まるし、

カーテンも必要なくなるため、

カーテン代も丸ごとカット出来るし、

何より外観が圧倒的に美しくなります。

 

つまり、引いていくことは、

デザイン性を高めてくれるだけじゃなく、

同時に機能性も高めてくれるし、

それが結果的にさらにデザイン性も高めてくれる

というわけですね。

かつ、経済性も高めてくれるという良いこと尽くしです。

 

ということで、

デザイン性、機能性、経済性の

三拍子そろった住まいをつくるためには、

足していくではなく、

引いていくことが大切だということを

覚えておいていただければと思います。

 

それでは、、、

記事一覧

1ページ (全48ページ中)

ページトップへ