スタッフブログ

住宅ローン審査の申し込みは何社まで?

代表取締役 永田 勝健 自己紹介へ

 

 

住宅ローンを借り入れる(あるいは借り換える)場合に

必ず突破しなければいけないものがあります。

それが住宅ローン審査です。

 

住宅ローンの審査基準は、金融機関によって異なります。

(フラット35以外の金融機関は明確な審査基準を公開していません)

 

例えば、同じ条件で住宅ローンを申し込んだ場合でも

Aの金融機関では審査に落ち、Bの金融機関では審査に通過するケースは

決して珍しいことではありません。

 

つまり、ひとつの金融機関の住宅ローン審査に落ちたからといって

諦める必要は全くないのです。誰にでも住宅ローン審査に落ちる可能性がある以上

住宅ローン審査に申し込む際は、複数の金融機関に申し込んでおくのがセオリーです。

 

では具体的に、何社くらいの住宅ローンに申し込んでおけば良いのでしょうか?

また、住宅ローン審査を申し込む際に、どういった点に注意すべきか気になる方も多いはず。

そこで今回は、住宅ローンの審査に注目し、複数の金融機関に住宅ローンの審査を申し込む

メリットとデメリットをお伝えします。

住宅ローンの借り入れ・借り換えを検討されている方は、ぜひチェックしてみてください。

 


 

まず、複数の金金融機関にローン審査の申し込みができるのか、

複数申し込むことで、ペナルティがあるのではないか?

結論から言いますと、複数の申し込みもできますし、

ペナルティを気にする必要もありません。

 

住宅ローン審査は、事前審査(仮審査)・本審査ともに複数の金融機関に申し込むことができます。

ちなみに、複数の住宅ローン審査に申し込みし複数の金融機関で審査に通過した場合でも

審査結果には有効期限があるため、その期限内であればキャンセルすることができます。

住宅ローン審査に通過したからといって、

必ずその金融機関の住宅ローンを利用しないわけではありません。

 


 

住宅ローンの審査基準は明確に規定が定められているフラット35を除き、

金融機関によって異なります。

審査基準が異なるからこそ、同じ条件で住宅ローン審査に申し込みをした場合でも

「Aの金融機関では審査に落ち、Bの金融機関では審査に通過する」

「AとB両方の審査に通過したものの、借入可能額が異なる」

といったケースが起こるのです。

 


 

複数の金融機関に住宅ローンの審査申し込みをするメリットは

複数の金融機関で審査に通過すれば、借入可能な住宅ローンの選択肢を増やすことができます。

複数の住宅ローンを比較・検討し、より自分にあったものを選びましょう。

実際に組める住宅ローンの選択肢を増やせる点は大きなメリットと言えます。

 

住宅ローンは申し込みから借り入れ完了まで1ヶ月~1ヶ月半かかるのが一般的です。

ただ、住宅ローンの審査結果は「事前審査には通貨したものの、本審査で落ちてしまった」

「事前審査では満額借り入れ可能となっていたものの、

本審査の結果では満額借り入れることができなかった」等、

事前審査と本審査で異なるケースがあり、場合によっては

思うような審査結果が得られないケースもあります。

 

ある金融機関の審査結果が出てから他の住宅ローンを検討し

事前審査からやり直すと、その分余計に時間がかかり、場合によっては

当初予定していたスケジュール通りに住宅購入が進まなくなるケースも考えられます。

所定の期間までに、住宅ローン審査を通過できず

住宅購入の契約がキャンセルになってしまうのが最悪のケースです。

住宅購入をスムーズに進めるためにも、

住宅ローン審査は複数の金融機関に申し込みをしておくのがおすすめです。

 


 

複数の金融機関に審査の申し込みをする際に注意したいのは

本審査の場合、事前審査とは異なり、審査を申し込む際に提出する書類が多く

なかには取得に時間や費用がかかるものもあります。

金融機関によっては本審査に提出する書類が異なる点にも注意が必要です。

 

本審査の申し込み状況は一定期間(通常6か月間)、個人信用情報照会機関に履歴が残り、

金融機関内で情報が共有されます。(ちなみに、個人信用情報照会機関に登録される情報は

本審査に申し込んだという情報のみで、結果については記載されません)

 

1つの金融機関に審査の申し込みを行い、本審査が終わった後

次の金融機関に申し込むと、1つ目の金融機関の本審査に落ちたという

印象を持たれる可能性があります。

住宅ローンの審査申し込みはできるだけ平行して進めた方が良いでしょう。

ただし、今回紹介したメリット・デメリットをふまえて

優先度の高い金融機関に絞ってから申し込みすると良いでしょう。

事前審査は3社程度、本審査は2社程度にするのがおすすめです。

 


 

金融機関の選び方のポイントは、審査スピードが速い住宅ローンです。

数ある金融機関のなかには、ネット銀行を中心に、審査スピードが速いところがあります。

審査スピードが速ければ、審査に通過した場合スムーズに借り入れ手続きを進めることが可能です。

また、審査に通過しなかった場合でも、すぐに他の金融機関に申し込みができるので

時間のロスを防げるメリットがあります。

 

また、事前審査がなく住宅ローン審査は本審査のみを実施しているところもあります。

住宅ローン審査が本審査のみであれば、審査結果を待つ時間のロスを

最低限にできるほか、「事前審査と本審査の結果が異なる」といったこともありません。

 

複数の金融機関に審査の申し込みをする際、フラット35にも申し込みをするのがおすすめです。

フラット35は住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携し提供する

全期間固定金利型の住宅ローンのことです。

借り入れ期間中の、住宅ローンが一定のため、返済計画が立てやすいメリットがあります。

このフラット35は審査基準が明確に決まっており、審査基準を満たしていれば

住宅ローンを組むことが可能です。

 


 

これから、住宅ローンの借り入れ・借り換えを検討している方は

今回お伝えしたことを参考に、複数の金融機関に住宅ローン審査の申し込みを行い

自分にあった住宅ローンを見つけましょう。

それではまた☆彡

 

 

 

記事一覧|2020年2月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ