スタッフブログ

節分

代表取締役 永田 勝健 自己紹介へ
2020/02/03(月) まめ知識

 

 

 

節分には毎年なんとなく豆はまくけど、実はよく由来や意味は知らない・・・

という方も多いのではないでしょうか。ここでは節分をもっと楽しむための「豆知識」をご紹介します。

今年の節分は、ご家族でいつも以上に楽しんでみませんか?

 

 

昔の節分は大晦日に行われていた?

本来、節分とは文字の通り”季節の分かれ目”である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のこと。

昔は、これからの季節の節目には”邪気”が入ってきやすいとされていたため、

見えない、悪いものを鬼に見立てて豆まき、厄払いをするようになったのが節分の始まりなのです。

 

また、今でもお正月を「新春」「迎春」と呼ぶように、旧暦では新年は春から始まっていました。

だから、立春前日の節分はいわば”大晦日”のようなもの。

今の節分は毎年2月3日ごろにやってきますが、昔は大晦日に相当する一大イベントだったのです。

 

 


 

 

では、そもそも節分ではなぜ豆をまくのでしょうか?

それは、人間の命を支える五穀の中でも大豆が一番大きく、力が強いと考えられてたからです。

また、「魔(ま)を滅(め)する=豆」という意味も込められていて、

節分には必ず炒った豆を使うのも「豆を炒る」が、「魔の目を射る」に通じるからとも言われています。

さらに豆まきに使う豆を枡に入れるのも「”ますます”力が”増す”」という意味が込められています。

豆まきをしたあと、年の数だけ豆を食べると、心身の邪気も払えて無病息災になります。

 

 


 

 

せっかくの節分に、豆まきだけではなく

「恵方巻」や「ヒイラギイワシ」にもチャレンジしてみてはどうでしょうか。 

節分に食べると縁起や良いとされている恵方巻

起源や発祥については諸説ありますが、古いものでは大正時代に大阪で縁起担ぎのために

始まったと言われています。その後、関西を中心に浸透し、

1998年に大手コンビニチェーンがが全国での販売を開始。

広く知られるようになりました。ある統計によると、

今では36.2%の家庭が恵方巻を食べているそうです。

恵方(今年は西南西)を向いて、願い事をしながら無言で一気に食べるのがよいとされています。

  

また、鬼は先の尖ったものやニオイの強いものが嫌いなことから

魔除けとして柊鰯(ひいらぎいわし)を玄関に飾ってみましょう。

それだけで、いつもとちょっと違った風情ある節分が楽しめるはず!

 

 

 

 

記事一覧|2020年2月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ