スタッフブログ

家づくりの前に考えるべきこと

代表取締役 永田 勝健 自己紹介へ
2023/11/08(水) 家づくりのこと

前回、ご主人の手取りの30%以内の 

返済額で家づくりをするとしたら、 

土地や家の予算を削る工夫をするか、 

あるいは可能なら土地を買わないという選択をした方がいい、 

というお話をしたのですが、 

では、そうしつつ長期積立投資をした人とそうしなかった人では、 

どれくらい違いが出そうなのかをお伝えしていきたいと思います。 

 

そうしなかった人とは、 

限度額いっぱいまでお金を借りて家づくりをしつつ、 

貯蓄を銀行や保険だけで行った人です。 

 

では、この違いを分かりやすく説明するために、 

モデルとなる家族をそれぞれ30歳の共働き夫婦として 

前者は、 

・毎月の返済を9万円(借入3200万) 

・夫婦共に3万円ずつ「つみたてNISA 」に積み立てると仮定。 

 

後者は、 

・毎月の返済を11万円(借入4000万) 

・子供1人あたり1万円ずつ20年間「学資保険」で積み立てる 

・夫婦共に毎月1万円ずつ貯金していくと仮定し、 

20年後どうなっているのかを比較してみますね。 

 

使えるお金の原資は同じ150,000円なので 

これがどれくらいの差になるのかに着目してください。 

 

︎前者の未来 

 

絶対にそうなるとは言えませんが、 

仮に、つみたてNISAで積み立てたお金が 

毎年平均で3.6%ずつ増えていくとしたら、 

20年後には積み立てたお金が2倍になります。 

つまり3万円×12ヶ月×20年=720万円の積み立て資金が、 

それぞれ1440万円ずつ(合計2880万円)になるということですね。 

 

となると、仮に子供たちが2人いて 

2人共が大学に進んだとしても、 

ローンや奨学金に頼ることなく通わせてあげられるでしょう。 

   

︎後者の未来 

 

一方で、後者の場合、 

2人の子供たちがいずれも大学に進学するとなると 

アパート代や家賃、生活費はもちろんのこと、 

学費でさえも十分に賄いきれません。 

 

大学に通うとなると、 

家賃や生活費まで合わせると1人あたり1000万円ぐらい必要なので、 

2人で2000万円ほどかかるのに対し、 

銀行預金と学資保険はほとんどお金が増えないことから 

これらによって準備出来る資金は1000万円にも満たないからです。 

 

結果、コツコツと貯めてきた貯金を吐き出しつつ、 

収入の多くを追い足ししないといけないというわけですね。 

おそらく、それまでには家のメンテもしないといけないでしょうし、 

家電の買い替えによる出費もバカにならないため、 

正味の話、思った以上に貯金も出来てないでしょうしね。 

 

︎そんなこんなで結論 

 

あくまでこれは一つの例であり、 

ここまで差がつくかどうかは分かりませんが、 

お金の使い方一つで迎える未来が 

大きく違ってくるかもしれないということは、 

なんとなくご理解いただけたのではないでしょうか。 

 

また、これに加えて住宅ローンや電気料金についても 

勉強不足なまま家づくりを行ってしまうと、 

さらなる差を生み出すことになります。 

 

なので、ただ早く家が欲しいあまり 

知識が不十分なまま家づくりをすることだけは 

絶対にやめてもらえたらと思います。 

 

建てた後も安心して暮らしていけるような 

家づくりの計画を立てること、 

そしてそのためには、それ相応の知識をつけることが 

なにより大事だという話でした。 

   

それでは、、、 

 

記事一覧

1ページ (全60ページ中)

ページトップへ