スタッフブログ

秋の雲

代表取締役 永田 勝健 自己紹介へ
2019/09/30(月) まめ知識

 

 

こんにちは♪

秋の雲といえば、みなさんは何雲といいますか?

 

有名なのは「いわし雲」や「うろこ雲」ですが「さば雲」という方も少なくありません。

この3つ、なんだかよく似ていますが、いったいどう違うのでしょう。

 

実は、いずれも高いところにできる巻積雲(けんせきうん)の俗称で

小さなかたまりがたくさん集まっています。

「いわし雲」「うろこ雲」「さば雲」の明確な定義はないのですが、

しいて言えば見た目の様子で区別することができます。

 

 

「いわし雲」は、いわしの群れのように見えるもので

いわし雲ができると、いわしが大漁になると言われています。

 

「うろこ雲」は、魚のうろこに似ているもので

いわし雲が丸くなったような感じです。

 

「さば雲」はひとかたまりが横長で

さばの背模様のように波状になったものをいいます。

 

どれも言い得て妙なネーミングですよね。

 

いずれも秋によく見られるので、秋の季語になっています。

大きな雲、広い雲に比べて高いところにあるように見えるので

まさに「天高く馬肥える秋」を実感できます。

 

覚えておくと、空を眺める楽しみが増えそうですね。

それではまた♪

 

 

記事一覧

1ページ (全9ページ中)

ページトップへ