スタッフブログ

小さい家に住む①

代表取締役 永田 勝健 自己紹介へ
2019/09/11(水) 家づくりのこと

 

 

こんにちは♪今日は「小さい家に住むメリット」を紹介したいと思います。

 

 ゆとりのある広い家もいいのですが、

最近は小さい家も人気が出てきています。

けれど、ただ狭ければいいというわけではなく

小さいけれど豊かさを感じる家にするのが重要です。

 


 

では、小さい家にはどんなメリットがあるのでしょうか。

まず建築費や毎年かかる固定資産税も少なくてすみます。

建築費が少なくてすめば、住宅ローンの負担も軽くなるので

生活レベルを落とす必要もなく、日々の生活にもゆとりが生まれるでしょう。

将来のメンテナンス費用を計画的に用意することもできるかもしれません。

 

 

 

次に小さい家は建てた後のメンテナンスがしやすいというメリットもあります。

例えば、外壁の再塗装です。家が小さければ費用は抑えられ工事期間も短くて済むでしょう。

 

そして、家が小さいと毎日の掃除が楽ですね。

高齢になったとき、掃除をはじめ家全体に目配りをするのはなかなか大変です。

家族構成や来客の多さにもよりますが、日常生活にはそれほど広い空間を必要としません。

普段使う場所だけをきれいにすれば済む小さい家は、広すぎる家より快適かもしれませんね。

 

小さい家はメリットが多く、いいことばかりですが

注意点やマイナス面がないわけではありません。

 

次回、小さい家に住む②では

小さい家を建てるときのポイントを紹介します。

それではまた♪

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全9ページ中)

ページトップへ