スタッフブログ

置き家具のすゝめ

代表取締役 永田 勝健 自己紹介へ

個人的には収納の中は壁面を最大限に活用し 

出来るだけ棚を設置すべきだと思っているのですが、 

一方でリビングダイニングキッチンには、 

備え付けの棚やテーブルなどを 

出来るだけ設置して欲しくないと思っています。 

 ブログやホームページ用インテリアイメージ インテリア,リビング,オフィスの写真素材

理由は3つ。 

1つは棚やカウンターをつくることで 

空間に凸凹が出来てしまい、 

妙にゴチャゴチャした家になってしまうこと。 

 

2つ目は、備え付けのものより 

デザインが洗練されている家具の方が 

圧倒的にオシャレなこと。 

 

そして最後の3つ目が、 

固定してしまうと気分転換に模様替えも出来ないし、 

インテリアを変えることによる 

空間のイメチェンも出来ないということです。 

そんなこんなで、個人的には 

キッチン前につくる食卓代わりのカウンターや、 

ダイニング近辺につくるスタディカウンターや、 

リビングにつくる固定のテレビボードなどを 

基本的に推奨していません。 

 

固定してしまうと間違いなく 

後から困ったことになっちゃいますしね。 

いらなくなったからと簡単に壊せるものでもなければ、 

どうしても邪魔だからと壊すことになった場合、 

それなりにコストと手間がかかるわけですからね。 

 

︎お気に入りを買うことのすゝめ 

 

テレビがブラウン管から薄型になったように、 

またパソコンがデスクトップからノートになり、 

あるいはタブレットやスマホで代替されているように、 

製品は刻一刻と進化していっているがゆえ、 

いっときの流行に合わせてつくった固定の棚は、 

時の経過とともに使う必要がなくなり、 

ただの物置へと化してしまいます。 

 

利用用途がなくなった後も、 

ずっと存在し続ける以上、 

物置として使うしかない、からです。 

 

ダイニングやリビングなどにつくった棚は、 

パッと物が置けてしまうので、 

わざわざ収納の中に片付けに行くよりも便利ですしね。 

 

その点、置き家具なら、 

いらなくなれば移動させればいいし、 

インテリアを変えることが出来れば、 

その時の気分に合わせて 

空間のイメージを変えることだって出来ますからね。 

 

確かに、気に入ったデザインのものを買おうと思うと、 

いささか値段が高く一瞬怯んでしまうかもしれません。 

ですが、個人的にはその費用を惜しまず 

自分たちが納得のいく気に入ったデザインのものを 

買ってもらいたいと思っています。 

 

理由は簡単。気に入ったもの、 

そして少しばかり値段が高いものは、 

ずっと愛着を持って大事に扱いたいと 

思う可能性が高いからです。 

 

なので、家を建てる時には 

︎固定のカウンターは極力つけないこと。 

︎気に入った家具が買えるように、 

家具の予算を十分にとっておくこと。 

この2つに気を付けていただければと思います。 

 

それでは、、、 

記事一覧

1ページ (全61ページ中)

ページトップへ