スタッフブログ

建築屋の土地を見る視点

代表取締役 永田 勝健 自己紹介へ

僕を含めて建築会社は 

基本的に南向きの土地をそれほど良いと 

思っていないのですが、 

その理由は大きく分けると2つあります。  

まず、1つ目の理由が 

防犯性とプライバシー性の確保が 

とっても難しいからです。 

 

南につくった大きな窓からは、 

たくさんの光とともに、 

道行く人たちの視線が入ってきてしまうからです。 

 

また、窓を見ただけで 

部屋の配置が全て分かってしまうし、 

夜になると光が灯っているかどうかで、 

どこの部屋を使っているかまで 

道行く人たち全員から分かっちゃいますからね。 

 

そんなこんなで、丸見えを防ぐために 

みんな問答無用でカーテンをするわけですが、 

そうなれば光が家全体に届きにくくなってしまいます。 

結果、部屋が薄暗くなり 

朝からずっと照明を点灯したまま暮らすことになります。 

 

そして同時にカーテンが開けられない窓は 

窓を開けることも出来ないので、 

風も常時取り込むことが出来ません。 

 

さらに、家を明るくしたいと思う気持ちから、 

保険的な意味も込めて南以外にも大きめの窓を 

たくさんつくる方もいらっしゃいますが、 

この窓も、結局周りから丸見えになるとしたら 

カーテンが必需品となるのでいい解決策だとは言えません。 

 

それどころか窓を不用意に増やしてしまうと、 

コストアップとともに耐震性と断熱性が劣化してしまうので、 

むしろやめたほうがいいと思います。 

窓が増えれば、掃除場所も増えるし、 

戸締りの心配も増えることになりますしね。 

 

そんなわけで、建築会社は 

南向きの土地を前向きにオススメしないというわけです。 

 

︎予算と期間の問題 

 

2つ目の理由が、土地の値段が一番割高だからです。 

みんな日当たりがいい土地を狙っていますからね。 

つまり、需要が供給より高いからですね。 

 

ゆえ、土地の価格交渉をする余地もありません。 

定価どころかもっとお金を出してでも、 

その土地を買いたいと思っている人が 

たくさんいるわけですからね。 

 

結果、土地に予算を使い過ぎてしまい、 

家づくりの予算を大きく圧迫してしまうのですが、 

それだけにとどまらず 

南向きの土地は建築代と外構代も高くつきやすいので、 

さらに大幅に予算オーバーしやすくなります。 

 

建築代に関しては、 

カーテンやシャッターといった 

オプション部材に余分にお金がかかるし、 

外構代に関しては、 

防犯性とプライバシー性を高めるための 

目隠しや植栽や塀に、 

多額のお金がかかってしまうからです。 

 

また、需要が高いということは、 

すぐ売れてしまうということでもあるので、 

土地を即決しないといけません。 

 

となると、その土地には、 

本当に自分が望む家が建つかどうかを検証出来ないまま 

土地の契約をしないといけなくなります。 

 

かつ、早く不動産屋さんに 

土地代の支払いをしないといけないので、 

必然的に家の打ち合わせ期間もタイトになってしまい、 

自分が建てる家に後悔しやすくなります。 

 

そんなわけで、 

個人的には南向きの土地を 

前向きにすすめたくないというわけです。 

 

前回もお伝えしましたが、 

土地の日当たりの良し悪しと 

家の明るさや快適性との相関関係は、 

実はそう高いわけではありません。 

 

なので、これから土地探しをする方は、 

土地の日当たりにこだわることなく、 

建築屋さんに土地を見てもらいながら、 

土地選びをしてもらえたらと思います。 

 

それでは、、、 

記事一覧

1ページ (全60ページ中)

ページトップへ