スタッフブログ

外観をシンプルに仕上げる5つの理由

代表取締役 永田 勝健 自己紹介へ

施工実例をご覧いただければ一目瞭然ですが、 

弊社が建てる家には正面に窓がありません。 

 

そして、それが家の美しさを際立たせているのですが、 

とはいえ、ただ単に美しさだけを追求して 

そうしているわけではなく、 

そこには、それなりにちゃんとした意味合いがあります。 

 

では、今回は5つあるその理由について 

お伝えしていきたいと思います。 

 

結論としては、 

この5つ全てがうまく絡み合うことによって 

住まいにとって大切な 

居住性と経済性を高めているというお話です。 

 

︎理由1:汚れにくいから 

 

まず1つ目の理由がこれです。 

外壁が汚れる最大の原因は、 

窓や換気扇といった外壁から突起した部材です。 

窓からダラーっと流れる垂れジミと 

換気扇から出てくる黒ずんだ汚れですね。 

 

なので、家の正面にそれらをつくらないことによって 

そもそも汚れの原因を排除しているというわけです。 

 

とりわけ北が正面になる場合は、 

直射日光が当たらない分、 

余計に汚れやすいですしね。 

 

そして、あまりにも汚れが目立つことになれば、 

外壁の塗り替え頻度が高くなり、 

維持管理コストが高くついてしまいます。 

 

また、汚れが目立つお家は、 

訪問販売のリフォーム業者にも目をつけられやすく、 

さらに出費がかさむことになるかもしれません。 

(不安を煽られて工事する方向に持っていかれちゃうからです) 

 

そんなこんなで、 

建てた後の維持管理費を少しでも抑えるために、 

汚れの原因を元から排除しているというわけです。 

 

理由2:間取りが分かりにくいから 

 

そして、2つ目の理由がこれです。 

まー、言うなれば泥棒さんに狙われにくくしている 

という感じですかね。 

 

日本は外国に比べて治安が良いので、 

そこまで心配する必要ないかもですけどね(笑) 

 

とはいえ、パッと見ただけで 

間取りが分かってしまう家より、 

どこからどう見ても間取りの想像がつかない家の方が、 

安心して暮らせそうな気がしますよね? 

 

︎理由3:プライバシーが担保しやすいから 

 

3つ目の理由がこれです。 

家の正面は何も建たないため光も採りやすいですが、 

その分、視線も入ってきやすいという 

隠れデメリットがありますからね。 

 

そして、視線を遮るために 

カーテンを閉め切ってしまったら、 

家の中が暗くなっちゃいますからね。 

 

これに関して特に注意しなければいけないのが、 

南向きの日当たりが良い土地ですね。 

 

南向きの土地の場合、 

南からの光を家の中にたっぷり採り込みたいあまり、 

大きな窓をたくさん正面につくってしまいがちですが、 

そうなれば防犯性もプライバシー性も 

最悪の状態になっちゃうからです。 

 

なので、家の中への 

光の採り込み方を工夫することによって 

家の正面からの採光に頼らなくて 

いいようにしている次第であります。 

 

理由4:意匠性を高めるため 

 

ちょっとカッコよく書いてみましたが、 

要はデザイン性を高めるってことです。 

携帯電話や家具や車同様に、 

カッコ悪いデザインのものより 

カッコ良いデザインの方が良いからです。 

 

あくまでこれに関しては、 

理屈ではなく感情的な要素となるので、 

説明はこれくらいにしておきますが。 

 

しかし、デザイン性を高めることは、 

実は裏に隠された大きなメリットがあるんですよね。 

 

︎理由5:外構費用が安くなるから 

 

それが、この最後の理由です。 

家のデザインが美しくなると、 

庭に装飾をする必要がなくなります。 

 

家そのものが美しい場合、 

庭もそれに合わせてスッキリシンプルに仕上げた方が、 

家をより引き立ててくれるからです。 

 

そしてその結果、 

庭の予算を押し上げる余分な工事の 

一切をなくすことが出来ます。 

 

また、防犯性とプライバシー性を 

高めるための植栽や目隠しや塀などの 

余分な工事も一切必要なくなります。 

 

そんなこんなで、庭にかける費用も、 

ダントツで安くなるというわけです。 

もちろん、無意味に広い土地を買っちゃうと 

この限りじゃありませんけどね・・・ 

 

いかがでしたか? 

端的に説明させていただきましたが、 

こんな外観にしている理由を 

大体ご理解いただけたでしょうか? 

 

とはいえ、間取りが分かりにくい分、 

家の中身がどんなもんなのか 

いまいち掴めないと思うので、 

もしよろしければ一度弊社のお家を見に来てくださいね。 

いつでもご案内させていただきますので。 

 

それでは、、、 

記事一覧

1ページ (全60ページ中)

ページトップへ