スタッフブログ

太りやすいスイーツと太りにくいスイーツの差

代表取締役 永田 勝健 自己紹介へ
2020/03/18(水) 日々のこと

 

こんにちは。今回は太りやすいスイーツと太りにくいスイーツの差についてです。

スイーツはどれも太りやすいと思いがちですが、実はそうではないようです。

 

ほとんどの人がカロリーを見て太りやすいか太りにくいかを判断していると思いますが

実はカロリーが高いからと言って、太りやすいわけではないのです。

また、カロリーが低いからと言って太りにくいというわけでもないのです。

 

そもそも、私たちがよく目にするカロリーとは、いったい何でしょうか?

「カロリー」は「糖質」と「脂質」、そして「タンパク質」を足したものです。

これは人間が生きていくうえで必要な栄養素です。

でも実はこの3つの中で「太りにくい栄養素」があるのです。

 

 

その「太りにくい栄養素」とは「タンパク質」です。

タンパク質は太る原因にはならない。むしろタンパク質は筋肉に代わってくれるので

「脂肪燃焼」をしてくれて、痩せる栄養素のひとつと言えます。

反対に、カロリーの中で太りやすいのは「糖質」、そして「脂質」となる。

よって、タンパク質が多ければカロリーが高くても関係ないということになる。

さらに、「食物繊維」が含まれていると、太りやすい原因となる「糖質」、「脂質」の

吸収を抑えてくれます。つまり、「糖質」と「脂質」が多いスイーツというのは太りやすく、

逆に「タンパク質」と「食物繊維」が多く含まれているスイーツは太りにくいということになる。

 

これらのことを踏まえて、太りやすいスイーツは

ショートケーキやモンブラン、みたらしだんごなど、

太りにくいスイーツは、ティラミスやチョコレート、プリンやあんみつなどです。

ケーキはスポンジが糖質の塊、クリームは脂質の塊です。

みたらし団子は3本で糖質が約100g、これはご飯二杯分に相当します。

一方、ティラミスやチョコレートのカカオには食物繊維が多く含まれています。

プリンは原材料の卵や牛乳がタンパク質です。あんみつの寒天は

原材料が海藻で海藻は食物繊維の塊なので太りにくいと言えます。

 

それではまた♪

 

※当然、太りにくいものでも食べ過ぎは太りますので注意してください。

 

 


 (株)永太建工は、

1. 御前崎市・菊川市・掛川市・牧之原市・袋井市・磐田市の注文住宅を得意な工務店です。

2. 自然塗料や無垢材など、身体にも環境にも優しい安心・安全な自然素材を使ったおしゃれな家をつくっています。

3. 食器棚や本棚、テレビボードなどの造作家具もデザイン、製作しています。

4. ブルックリンスタイルやカリフォルニアスタイル、ナチュラルスタイルの家といった海外のデザインを活かしたお家づくりを得意とし、お客様の希望する暮らしに合わせた提案をさせていただきます。

5. 新築の注文住宅、大規模なリフォーム、キッチンや洗面などのプチリノベーションまで、なんでもしています。

6. 趣味にお金をかけたい方、シングルマザーの方、自営業の方、他で借り入れがある方など、家を建てたいけど家の費用は抑えたい方にオススメな半規格住宅”WOODBOX"をご用意しております。 

『898万円〜で建てる漆喰と自然素材の家”WOODBOX”はこちら』

 

地震に強く、暖かくて住み心地の良い、オシャレなマイホームを建てたい!どこにもないおしゃれなマイホームを建てたい!今の住まいを自分好みに建て替えたい!どこにもないおしゃれな自分達スタイルの家を造りたい!そんな方は、ぜひ永太建工にご相談下さい✳︎

 

 

 

記事一覧

1ページ (全16ページ中)

ページトップへ