スタッフブログ

「土地がある」にも種類がある

チーフアドバイザー 宮里 將博 自己紹介へ

こんにちは。

チーフアドバイザーの宮里です。

今日のテーマは「土地の種類」についてです。

仮に実家に家を建てることが出来る

土地があるとしたら、

そして、そこに住んでも、

そう不便じゃないとしたら、

新たに土地を購入するのではなく、

その土地を有効利用することを、

まず考えてみても

いいのではないでしょうか?

 

ましてや、資金計画をした結果、

土地を買うと確実にその後の暮らしが

しんどくなりそうだとしたら、

なおのことそうすべきじゃないかと

個人的には思っています。

 

土地購入費用が丸々浮くとしたら、

その分、別のことにお金を使うことが出来るからです。

子供の教育・進学資金とか、

趣味・レジャー・旅行費用といった費用に、です。

 

まー、とは言っても、

親の近くで住むかどうかということは、

単純にお金だけの問題ではないと思うので、

無理なら無理で、割り切って

土地を買ってくださいね。

 

あくまで、買うか買わないかによって、

金銭的な負担が減るという話なので、

そうすることで、心理的な負担が

ズドンと増えちゃいそうな方は、

今回は軽くスルーしていただいても

いいかもしれません(汗)

 

どんな土地かで話は変わってくる

 

では今回は、

自分で土地を買わなくていいことを

前提として話を進めていきたいと思いますが、

とはいえ、土地の状況次第によっては、

そうする意味がない場合もあったりします。

 

例えば、そもそも実家の近くの土地を

親御さんがあなたのために購入してくれたとしたら、

こんなラッキーなことはありませんよね。

 

その上、水道は引き込まれているわ、

加入金も払わなくていいわ、

境界もちゃんとで出来ているわとかだと、

なおのこと言うことありません。

全くお金がいらないわけですからね。

 

他方、倉庫や古い家が建っている土地を

譲ってくれるとしたら、

まず、その建物を解体しないといけないし、

水道がそのまま使えないとしたら、

新たに引き込み直さないといけません。

 

また、境界が傾いているとか、

強度的に問題がある場合などは、

建て替えと同時にやり替えないといけません。

 

つまり、「土地を買わなくていい

=土地に全くお金がかからない」

というわけではないということなので、

手放しで喜ぶのではなく、

こういった付帯工事に、

多かれ少なかれお金がかかるということを

理解しておかないといけないというわけですね。

 

さらに、田舎の場合などは、

家を建てるために田んぼや畑といった農地を

譲ってくれる場合がありますが、

この場合は家を建てる敷地の広さに留意しないと

とんでもないことになってしまいます。

 

土地の造成費用は、

土地が広くなればなるほどより高くなるからです。

とりわけ高いのが残土処分です。

(農地の場合、表土をすきとって

別の種類の土を入れ直すため、

そのすきとった土の処分をしなければいけません)

 

また、残土処分費用だけじゃなく、

新たに入れる土も、

体積が増せば増すほど

高くなるのは当たり前だし、

土地の面積が広がれば、

それに伴って隣地との境に新設する

境界壁も長くなってしまうため、

その費用もより高くなってしまいます。

(最後の外構工事費用も、

土地が広いほど高くなってしまいます)

 

この他、農地の場合は、

水道が敷地に引き込まれてないため、

100%水道引込工事をしないといけないし、

農地を宅地に変えるためには、

農地転用申請という許可申請を

県や市に行わないといけないため、

その許可申請費用も別途で必要となります。

 

そして、これらを合わせると、

近くの土地を買うのと変わらないか、

あるいは、買った方が安いなんてことも

十分あり得るというわけなんですよね。

 

このように単純に土地があると言っても、

その土地がどんな状況なのかによって、

かかる費用が大きく違ってくるので、

そういった隠れた費用も

忘れず予算計上しするようにしてくださいね。

 

そして、その上で、

家にかける予算を決めていただければと思います。

 

それでは、、、

 

記事一覧

1ページ (全48ページ中)

ページトップへ