スタッフブログ

子育て世代のための設備と建材 [2]

代表取締役 永田 勝健 自己紹介へ
2019/08/03(土) 家づくりのこと

 

子育て世代のための設備と建材[1]では

「日々の家事が少しでも軽減できること」について紹介しました。

 今回は、「安心・安全な暮らしが維持できること」について紹介します。

 

 

【安心・安全を確保する】

★輻射熱で暖かく、空気が汚れない床暖房

 

床面を加熱してその床表面から放射される輻射熱によって

暖房する床暖房も人気の暖房設備です。

 

輻射熱は人体にあたっても暖かく感じますが、

同時に部屋の中の壁や天井、家具などにも

吸収され、それらが再び放射されることで、室内の空気を暖めるものです。

 

特徴は、部屋全体の温度にムラがなく、

均一な暖かさを保つこと、空気が乾燥しないこと、

石油やガスストーブのように室内で燃焼しないので、

空気が汚れる心配がないことです。

 

 

また、

ストーブのように機器本体が露出しないので、

子供たちが部屋を走り回っても安心、というメリットもあるでしょう。

 

 

★空気の質を高める調湿機能付きの内装材

空気の質を高める調湿機能を持った壁材や天井材も増えてきています。

 

多く用いられるビニールクロスにも

調湿性を持たせたタイプもありますし、

吸湿性や保温性などにも優れる珪藻土や漆喰などの塗壁の商品も

一般的になってきました。

 

 

★ベビーカーや大きな荷物を持っていても出入りしやすい玄関引き戸

玄関扉のスタイルには、

開き戸(ドア)と引き戸がありますが、

最近注目されているのが引き戸タイプです。

 

扉を横にスライドさせるため、

限られたスペースでも、

広い開口部を得られること、

開け放しておいても扉が邪魔にならないことが

特徴です。

 

 

また、好きな位置で止めておくこともできるので、

ドアストッパーの必要なく、大きな荷物を持っていたり、

ベビーカーなどでも出入りしやすいのも魅力です。

子供の手を引いて出入りできるので、安心でしょう。

 

 

★家族誰もが使いやすいキーシステム

防犯面では玄関扉の鍵にも配慮したいものです。

 

一般的な住宅で主に用いられているのは、シリンダーキーですが、

最近では、電動で施解錠するシステム(電池錠・電気錠)も多くみられます。

 

 

例えば、

ボタンを押してICカードをかざすだけで、施解錠できるだけでなく、

携帯電話や電子マネー対応カードで操作できるタイプもあります。

 

リモコンキーを身につけ、ドアのボタンを押すと

解錠することができるシステムもあります。

 

また、リモコンキーをポケットに入れておけば、近づくだけで解錠が可能なもの、

ボタンを押すだけで解錠するものがあるので、

家族の年齢やライフスタイルに適した、誰もが使いやすいシステムを選び、

鍵の閉め忘れなどを防ぐようにしましょう。

 

 

 ★留守でも安心、テレビ機能付き(モニター機能付き等)ドアホン

多くの方が取り入れるのが、テレビ機能付きドアホンです。

 

訪問者を映像で確認できるだけではなく、

さまざまな機能が付加された製品が多くみられます。

 

特に撮影画像や録画機能の性能が高まってきているので、

留守中の不審な訪問者などを確認することができるでしょう。

 

 

 

外出先でも訪問者を

画像やメールで確認することができる機能もあるので、

家族構成やライフスタイルに合わせた機能を選ぶようにしましょう。

 

 

★家庭内での危険から子供を守るチャイルドロック

設備機器や室内建材などには、

チャイルドロックが設定された商品も多くみられます。

 

たとえば、システムキッチンでは

包丁を収納する引き出しなどに設けられています。

また、加熱機器(コンロ・IHクッキングヒーター)などにもみられます。

 

浴槽での事故を防ぐため、浴室の出入口や洗面脱衣室に

設けられる扉にも設定されています。

 

その他、指挟み防止機能を持つ折れ戸などもみられるので、

お子さんの年齢に合わせて、必要なタイプを取り入れるようにしましょう。

 

 

 「安心で安全な暮らしが維持できること」について

紹介させていただきました。ぜひ参考にしてみてください。

子育て世代のための設備と建材[3]では

「子供とのコミュニケーションが図りやすい住まいにすること」を紹介します。

記事一覧

1ページ (全7ページ中)

ページトップへ