スタッフブログ

家事がラクになる間取りのポイント

代表取締役 永田 勝健 自己紹介へ
2018/08/30(木) 家づくりのこと

料理に洗濯、掃除からお裁縫や事務仕事までと、

家族のために、お家の中でやらなければいけない

家事はたくさんあります。

 

 



 

 

「少しでも負担を減らせたら……」

と思っている方は少なくないですよね。

 

実は、家の間取りを工夫することで

その願いが叶えられるんです。

 

家事のストレスを減らし、

家族との時間や趣味の時間などを

充実させる住まいづくりのポイントをご紹介します。

 

 

◆キッチンを拠点にシームレスにつながる

 

・動線

 

1日3食、準備に調理、後片付けまで、

多くの時間を過ごすことになるキッチンは

家事の拠点です。

 

キッチンを中心に、

住まいのデザインを考えていきましょう。

 

 

ポイントは「動線」です。

 

例えば、玄関や勝手口からパントリーを通り

キッチンにつながれば、

買い物から帰ってきた際とても便利です。

 

 

 

 

重たい荷物を持っている時間と距離が

少しでも短縮できるのはうれしいですよね。

 

またダイニングやリビングなど他の部屋とも

壁で仕切らず、シームレスな動線を叶えることで、

お掃除の際などの移動もラクになります。

 

 

・見晴らし

 

もう1つのポイントは「見晴らし」です。

 

キッチンから他のフロアまで

見渡せるような間取りなら、

常に家族の気配を感じながら

安心して家事をすることができます。

 

例えばスキップフロアの起点に

キッチンを配置すれば、

半地下から中2階まで視界に入る

ワイドな見晴らしを叶えられます。

 

食事の際の声がけなどもスムーズです。

 

 

◆きれいをキープするためのリビング収納

 

部屋を整理されたきれいな状態で

キープすることは、

家事の軽減にもつながります。

 

家族が集まるリビングは、

気づくと日用品が出しっ放しに

なってしまいがちになります。

 

そこで使う小物や雑誌、おもちゃなどを

サッとしまえる収納を設けることで、

空間をきれいに保つことができます。

 

 

 

 

また家族みんなが整理整頓を心がけるように、

個々の専用スペースをつくるのもおすすめです。

 

自分で出したモノは、

自分でしまうという習慣が身につけば、

片付けや掃除もラクになります。

 

 

◆家事が楽しくなる!

 

書類の整理やお裁縫など、

座りながらできる家事をのんびりとこなしたり、

家事の合間の休憩や趣味の時間を

自由に過ごせるミセスコーナーを

キッチンの近くに設けるのもおすすめです。

 

壁紙やインテリアを

自分の好きなデザインのものにすれば、

自分だけのちょっと贅沢な

お気に入り空間になります。

 

そして毎日の家事が楽しくなるはず。

 

家事は、毎日続けていかなければ

いけないことだからこそ、

少しムダが省けたり便利になったりするだけで、

暮らしがぐっと楽しく豊かなものへと変わります。

 

 

これから家づくりをする方、

既に家づくりを終えている方も

家事がラクになるポイントを

ぜひ取り入れてみてください。

 

 

 

 

 

資料請求はこちら

もっと詳しく事例を見たいかた、、、

 

 

記事一覧

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ